肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは
3話ネタバレ、感想、見どころを紹介しています。

 

肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは
無料立ち読みはこちら
♥ 画像をクリック 

BookLiveコミック【肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは】※スマホ専用

 

肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは3話あらすじ

 

「まったく・・・」

 

「どれだけ溜めてたんだい・・・」

 

 

コンドームの中に発射された精子を、嬉しそうに見る恵美子。

 

 

「おばちゃん、コレ飲んでよ!」

 

 

どこで覚えてきたのか

「精子を飲んで欲しい」

というタツヤ。

 

 

ごっくん・・・

 

 

口を大きく開けて

最後の一滴まで

コンドームに入ってる精子

を飲んでしまう肝っ玉母さん。

 

 

「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」3話は、

 

息子が近くにいるのに

お店のバックヤードで声をひそめてセ◯クス。

 

「ご飯を作りに行ってくる!」

タツヤの家に再び行ってセ◯クス。

 

 

息子を愛し、
夫を1番愛していた肝っ玉母さんが

オンナになっていく様子

たっぷりと描かれています
ヽ( ´∇`)ノ

 

(「コンドームを付けてるから大丈夫よね・・・」まだ完全に、家族を裏切る事なんて出来ない肝っ玉母さん)

 

(でも、タツヤのチ◯ポが気持ち良すぎて、どんどんセ◯クスにハマっていく!)

肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは-3話-ネタバレ-画像

肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは3話ネタバレ 店内で隠れて浮気セッ○スに耽る母

 

「そんな声、出しちゃっていいの?」

 

「ユウ兄ちゃんにバレちゃうよ?」

 

息子が近くにいる状況で

タツヤに乳首をつままれて、

 

「あぁんっ!」

 

気持ち良い声を出してしまった肝っ玉母さん。

 

「ヤダ・・・私ったら・・・」

「こんな声、お客さんに見られたら・・・」

 

もう声を出さないように、
慌てて口を押さえる恵美子。

 

ぢゅぅっ

ぢゅるるるるっ

 

恵美子が声が出せないのを知ってるタツヤは、そのまま乳首を夢中で吸い続けていくのです。

 

 

「おばちゃんのおっぱい、すげぇやわらけぇ!」

 

いつお客さんがお店にやってくるのか、わからない危険な状況。

 

それでもタツヤはそんな事なんて関係なく、恵美子の乳首を吸い続けていくのでした。

 

 

音を出しながら、ずっとおばちゃんの乳首を吸いつづけていくタツヤ。

 

「こんなに音を出して吸うくらい美味しいのかい?」

 

タツヤが乳首を吸う姿を、愛おしく思いながら見ている肝っ玉母さん。

 

気持ち良くなって、乳首はどんどん硬く大きくなっていくのです。

 

「はぁはぁ・・・」

 

気持ち良くなるのと同時に、大きく出てしまうエッチな吐息。

 

 

タツヤは口の周りが、
ヨダレでビチョビチョになる位に、恵美子の乳首を味わっていました。

 

 

「オレ・・・」

 

「もっとエッチな事したい!」

 

 

「おばちゃんもしたいだろ?」

 

 

恵美子の呼吸が激しくなっているのを見ていたタツヤ。

 

本能的に

「おばちゃんもエロい事をしたがっている」

と察知したのでした。

 

 

コク・・・

 

タツヤに乳首を舐められて、

気持ち良くなってしまってる恵美子。

 

 

静かに顔を下に動かし、

「エッチをしたい・・・」

と意思を伝えるのでした・・・

息子にウソをついてまで、チ◯ポを欲しがってしまう肝っ玉母さん

肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは-3話-ネタバレ

 

「バックヤードの片付けをしてくる」

 

「タツヤと一緒に行って、手伝わせるから・・・」

 

 

息子にウソをついて、
店の奥にあるバックヤードという名の密室に消えていく2人。

 

 

バックヤードに移動する時、

肝っ玉母さんは

店の商品を1つを手にして、
持ち込んでいたのでした。

 

 

「おばちゃんコレ・・・」

 

「変な感じがするよ・・・」

 

「外してもいい?」

 

 

肝っ玉母さんがバックヤードに持ってきたのは、コンドーム

 

 

「さすがに連続で中出しされてしまうのは・・・」

 

「私には家族がいるんだから」

 

 

タツヤとセ◯クスをする事は許していても、

妊娠

する事なんて、
絶対に出来ないのです。

 

 

そしてタツヤにコンドームを着けさせた事で、

自分の罪悪感を少しでも小さくしたかったのでした。

 

 

「ゴムは絶対に外しちゃダメ!」

 

「これを着けるのが普通なんだから!」

 

「次からも着けるんだからね!」

 

 

浮気セ◯クスなんて

絶対にしてはイケナイ行為

だと分かっていても、

 

 

タツヤのチ◯ポが気持ちよくて
オンナを思い出してしまった恵美子。

 

 

「次からも着けるんだからね!」

という言葉には、

 

「またエッチしても良いんだよ」

という意味が込められているのでした。

 

 

パンパンッ

 

ゴムを着けていても、
恵美子のマ◯コはタツヤのチ◯ポを締め付けてきます。

 

 

違和感をチ◯ポで感じながらも、
たった1枚ゴムを装着したところで

タツヤの気持ち良さは変わりません。

 

それくらい、恵美子のマ◯コは気持ち良いのです。

 

 

「おれ、もう出るっ!」

 

びゅるる~~

 

コンドームの中にたっぷりと出された大量の熱い精子。

 

 

「おばちゃん、見てよ!」

 

「こんなにいっぱい出たよ!」

 

 

チ◯ポからコンドームを外して、自慢しながら見せつけるタツヤ。

 

 

「こんなにいっぱい出しちゃって・・・」

 

 

自分のマ◯コで気持ち良くなってくれた
タツヤの頭をナデナデする恵美子。

 

 

「おばちゃん・・・」

 

恵美子の顔を見ながらしゃべりだすタツヤ。

 

 

その口からは

○学生とは思えない

エロ過ぎる言葉

が出るのでした・・・

 

「おばちゃん!」
「もっとしたい!」

バックヤードで続けられる
危険な関係の濃厚セ◯クス!

母親が近所の悪ガキと浮気をしている
なんて息子は気付かない・・・

肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは

無料立ち読みはこちら
 画像をクリック 
BookLiveコミック【肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは】※スマホ専用

肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは3話感想

「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」
3話。

 

第1話で見せていたような、
息子から信頼されている肝っ玉母さんの姿はもうありません・・・

 

服装も露出が多くなって、エロい女の仲間入りです♥

 

せめてもの救いというか、
最後の砦とでもいうのか。

 

コンドームをタツヤに装着させたのが、

何も知らない息子

にとって唯一の救いでしょう。

 

お店でセ◯クスをしてからは、
毎週、タツヤの家にご飯を作りに行ってあげる肝っ玉母さん。(元肝っ玉母さんと言う方が正しいのかもしれません)

 

20代の若い女の子みたいな服装に着替えて、喜びながらタツヤの家に向かいます。

 

「タツヤの家に行ったら、また私を気持ち良くさせてくれる」

「夫からは味わえない快楽を与えてくれる」

「私を必要としてくれている」

といった気持ちなんでしょう。

 

どんどん気持ちが変化していって、
母親の顔から女の顔に変化していく恵美子さん。

 

次回はもっとエロい展開になっていきそうな予感がします。

 

次回の
「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」4話もお楽しみに!

 

肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは

無料立ち読みはこちら
 画像をクリック 
BookLiveコミック【肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは】※スマホ専用

 

次回の「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」ネタバレはこちら

 

肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは

4話タイトル
「こ、コラ!料理中だってのに…」
家族に嘘をついて若いオスとお泊り生交尾

→肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは4話ネタバレはこちら

肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは-画像

前回の
肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは
ネタバレはこちらから

→肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは2話ネタバレ

 

こちらのページで
「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」を全話まとめてネタバレしています。

登場人物の紹介や見どころなども書いていますので、お時間があれば是非あそびに来て下さいね。

 

→肝っ玉母さんが女の顔を見せるのはネタバレ【無料画像・ネタバレ】まとめ

 

最後まで
「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」3話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました!