SNSに囚われた女たち全話ネタバレしています。

「SNSに囚われた女たち」には

  • あなたは間違っている
  • 地雷女にご用心
  • チラ見せ女の復讐

の3話が収録。
ページ数は全部で104ページと読みごたえ抜群!

価格は432円でコスパもGoodです♪

(「SNSに囚われた女たち」は配信直後からランキング1位を獲得。今1番女性に読まれてるヒューマンドラマを描いた漫画です)

SNSに囚われた女たち 第1部 ネタバレ

 

「間違いは誰にでもある」

 

「でも私は今まで・・・」

「一度も間違った事がない!」

 

「だから私が・・・」

「みんなに教えてあげなきゃ!」

 

 

入社して1年。
チームリーダーに抜擢された英美。

 

「英美さんって美人で面倒見いいし」

「最高のチームリーダー♪」

 

同僚からとても尊敬され、
充実した毎日を過ごしていたのでした。

 

仕事も順調だし、家は広い部屋。

 

帰宅してからの日課は、
SNSのチェック。

 

猫がダイエットで困っているSNSを見つければ、

「猫ちゃんカワイイ!」

「でも、体重管理は命に関わるからね」

とアドバイスしたり、

 

転職に悩んでる投稿を見れば、

「上司に相談した方が良いよ」

「交渉は大事だから」

など的確にアドバイスをしてあげるのです。

 

SNSをチェックしている時に見つけたのは、

両手に花束を持って

満面の笑みを浮かべてる娘の写真をアップしてる

若いママの投稿。

 

英美はその投稿に

「娘さんの笑顔に癒されました」

「花はそのままだと危ないので、輪っかにすると良いですよ」

と直接メッセージを送るのでした。

 

数分後、

持っていた花束をリング状にして写真を投稿したママ。

 

英美に対しても

「ありがとうございます」

「参考にさせてもらいました」

お礼のメッセージが届いたのでした。

 

 

そんなやり取りがあってから

女の子が気になって

ママのSNSを毎日見てしまう英美。

 

 

自分の娘のように思いを寄せ、

「今日は何をしているのかな?」

日々の行動をチェックしてしまうのです。

 

 

毎日、ママを相手に

的確にアドバイスをして、

交流を深めていったのです。

 

 

そんな時、

「萌花が風邪ひいちゃった・・・」

マスクをして具合が悪そうにしている投稿を発見した英美。

 

急いでママ宛てに

「身体を冷やさないように」

「緊急外来に急いで行って下さいね」

メッセージを送るのでした。

 

翌朝になっても
自分の子供のように、

萌花ちゃんの体調が気になる英美。

 

何度も何度も

萌花ママに

メッセージを送ってあげるのです。

 

 

でも・・・

萌花ちゃんママからの返事は

一切届かないのです。

 

 

「大丈夫かな・・・」

 

「私のコメント見てるの?」

 

心配はどんどん募っていくのでした。

 

 

ピローン♪

 

 

通知音が鳴り
スマホを見てみると

萌花ママの新しい投稿。

 

萌花ちゃんはまだ体調が悪く、

パパに抱きついて

具合が悪そうな様子・・・。

 

 

萌花ちゃんが可愛くて

ずっと心配していた英美は、

 

「だから私が教えてあげたのに!」

 

「素直に言うこと、聞きなさいよ!」

 

 

自分のアドバイスを聞かないから

萌花ちゃんがツライ思いをしている!

 

怒りはMAXになって、

萌花ママに

 

「あなたがお母さんで萌花ちゃんが可哀想です!」

 

とメッセージを送ってしまうのです。

 

 

英美のメッセージを見た萌花ママ。

 

「あなたの意見を押し付けないで下さい!」

「ハッキリ言って迷惑です!!」

 

 

萌花ちゃんを心配して
アドバイスをしていたのに、

裏切られたと思った英美。

 

ここから

”いい人と思っていた女”の

信じられない本性が

暴かれていく!!

 

タイトル

「あなたは間違っている」

 

SNSに囚われた女たち 第2部ネタバレ

 

「結婚おめでと~」

 

寿退社が決まり、
会社の仲間から祝福されてる後輩女子。

 

「いや~めでたいねぇ」

「ところで君はいい人いないの?」

 

上司にプライベートを聞かれ、

 

「セクハラだ・・・」

 

と思ってるのは、今年30歳のOL啓子。

 

 

「行き遅れると…」

「地雷さんみたいになっちゃうよ?」

 

 

『地雷さん』と呼ばれてるのは、
同じ職場の42歳独身のOL。

 

「今、私の話してました?」

 

地雷さんは啓子と上司の間に割り込んできて、嫌味を言っていた上司を退散させるのでした。

 

 

「啓子!あなたもぼんやりしてちゃダメよ!」

 

「マッチングアプリ使ってみれば?」

 

基本的に優しくておせっかいなトコロがある地雷さん。

 

自分が利用しているマッチングアプリを啓子に紹介。

写真の撮り方にプロフィールの書き方を、親切丁寧に教えてあげるのでした。

 

 

翌日

 

「全然、ダメ!」

 

啓子が書いたプロフィールを見て
ダメ出しをする地雷さん。

 

 

「男受けするのはこういう感じなの!」

 

 

自分の思い通りに啓子のプロフィールを勝手に書き替え、写真も撮影してあげるのでした。

 

 

自分勝手にプロフィールを書き替えられ、

「こんな内容を書くから・・・」

「地雷さんには相手が見るからないのよ・・・」

と啓子は地雷さんを少し見下しているのです。

 

 

家に帰ってからプロフィールを書き替え、写真も取り直すのでした。

 

 

「こんばんわ」

「素敵ですね」

 

写真もプロフィールも書き替えたおかげで、男性からデートに誘われた啓子。

 

勝手にプロフィールを書き替えられたなんて知らない地雷さんは、

 

「次はデートね!」

 

”自分のアドバイスのおかげで上手くいってる”

と思いこみ、

自分のことのように喜んでくれるのでした。

 

 

デート当日

 

待ち合わせ場所に到着した啓子。

 

思いがけない光景を目にしてしまうのです。

 

少し離れた席では、

”あの地雷さん”がマッチングアプリで出会った男性とデートをしていたのです。

 

「バレないようにしなきゃ・・・」

 

相手の男性とデートが上手くいった啓子。

 

 

啓子とは反対に

男性にフラれてしまった地雷さん。

 

 

「教えてあげた啓子が上手くいったのに、どうして私は・・・」

 

 

結婚が決まった啓子に対して、

また上手くいかなかった地雷さんは

ヒステリックを起こし錯乱状態!

 

全社員が見てる前で

取り返しがつかない

醜態を晒してしまう!!

 

タイトル

地雷女にご用心

SNSに囚われた女たち 第3部ネタバレ

 

入社2年目で

プロジェクトの途中なのに、

お金持ちの男性とハイスペック婚をした春菜。

 

 

セレブとなった春菜は、

元同僚に見せびらかすように

SNSで自慢ばかりしていたのでした。

 

SNSでの自慢は、

夜景の写真をアップすれば

ブランドのアクセサリーが自然と映り込み、

 

ネイルの写真を投稿すれば、

高級ブランドのリングにブレスレットが

さりげなく写り込んでいるのです。

 

そんなSNSを見てる会社の同僚たち。

 

春菜が投稿している写真を

「チラ見せチラコの間接自慢大博覧会」

と呼んで、

自慢をしてくる春菜を

明らかに嫌っていたのでした。

 

「ごめん、ごめん!」

「打ち合わせ長引いちゃって~」

 

同僚たちとのランチに遅れてやって来たのは結月チーフ。

 

先に待ってた同僚たちは、

「みんなでフォロー外さない?」

チラ見せチラコのフォローを外す計画をしていたのでした。

 

「ちょっと待って!」

「一緒に働いてたんだしさ・・・」

 

自分もフォローを外したかったけど、
少し前までは同じ職場で働いていた仲間。

 

「非通知にすればいいだけじゃないのかな?」

 

チラコに仕事で
迷惑をかけられた事実はあったけど、

そこまで直接的な嫌がらせをする必要はない。

とみんなを説得していくのでした。

 

 

それから数日後

 

同僚たちとのランチに向かう途中で、

チラコに出会った結月チーフ。

 

「一緒にランチしませんか?」

 

チラコに誘われ、
2人でランチに向かうのでした。

 

テーブルに座り注文をしたと同時に、

買い物してきたばかりのブランドショップの紙袋をテーブルに置くチラコ。

 

「何なの?」

「邪魔じゃない・・・?」

 

結月チーフが

こんなの自然じゃない・・・

と思っていると、

 

チラコは食事と一緒に、

SNSにアップする為の写真を撮影し始めるのでした。

 

「先輩にプレゼントがあるんです」

 

急にプレゼントを渡したいというチラコ。

 

そのプレゼントは、

結月チーフが買いたくても買えなかったブランド化粧品。

 

「買ったんですけど・・・」

「若い私には似合わなくて」

 

少し年上のチーフを小馬鹿にする言葉を吐いてくるのです。

 

「いらない!」

 

年下の女にプライドを傷つけられ、

カフェから立ち去ろうとする結月チーフ。

 

「そんなんだからチーフは独身なんですよ?」

 

「さびしい女ですね・・・」

 

 

”30を過ぎても結婚出来ない寂しい女”

と言われ、

カフェで逆上してしまった結月チーフ。

 

会社に戻っても

冷静さを保つことが出来ず、

あんなに慕われていた部下たちの信頼を失い、

自分の元から去られてしまうのです・・・

 

 

「はぁ・・・」

 

落ち込みながら結月チーフが夜の街を1人で歩いていると、

自分をあれだけ馬鹿にしてきたチラコの

弱みを握る最大のチャンスが訪れる!

 

タイトル

「チラ見せ女の復讐」

 

→無料立ち読みと本編はこちら

(「SNSに囚われた」と検索して下さい)

SNSに囚われた女たちを読んだ感想

「SNSに囚われた女たち」を読んだ感想は、

買う前に予想していたよりも面白かったなー♡

です
ヾ(*´∀`*)ノ

 

1話目の「あなたは間違ってない」は、

信頼もあって周りの人からは評価が高い気が利く優しい女性。

でも、本当の姿は

思い込んだら周りが見えなくなってしまう危険人物・・・

 

親切はありがたいけど、
度が過ぎればただの迷惑。

SNSで何度も何度も他人から意見を押し付けられた人は、迷惑であるのは間違いありません。
(「いい人に見えて本当は危ない女」ってたくさんいそうで怖いです)

個人的評価は★5

 

2話目の「地雷女にご用心」は、

42歳独身女がマッチングアプリで婚活。

年下の後輩に攻略法を教えてあげたのに、先を越されてしまう・・・。

というストーリー。

 

42歳の独身女が結婚出来ない理由は、自分の性格のせい。

なのに、

それに気が付かないイタイ女・・・。

「地雷女にご用心」というタイトルですが、「SNSに囚われた女たち」の中には

「そんなに合ってないかなー」

と思いました。
(辛口でスイマセン。)

個人的評価は★3で。
(「婚活」とか「マッチングアプリ」の漫画ではバッチリだと思います)

 

3話目の「チラ見せ女の復讐」は、

結婚してセレブになった元同僚と、セレブに憧れる30代女子のストーリー。

責任感が強く、後輩から慕われてる30代OL。

「これ買いたいけど、買えないなー・・・」

仕事を頑張っていても、
欲しい物を我慢しないといけない生活をしてるのに、

「OLの給料では買えませんよね?」

と言わんばかりにSNSで自慢してくる元同僚。

そんなセレブを最初は擁護していたけど、我慢の限界になって復讐してしまう・・・。

 

3話目の終わり方が、

「もうちょっと描いて欲しかった・・・」

という結末だったので、個人的評価は★4です。

 

「SNSに囚われた女たち」は432円だったので、トータルで評価すると、

高い買い物ではなかったな^^

どちらかと言うと、読んで良かったな☆

と思います。
(最近のSNSをテーマにしている漫画の中では、上位に入る面白さとコスパだった!と思います)

 

「ちょっと気になっちゃうじゃない!」

という方は、無料立ち読みをしてみて下さいね。

(ページ数が少ないので、ちょっと物足りないかもしれません・・・)

 

→無料立ち読みと本編はこちら

(「SNSに囚われた」と検索して下さい)

最後まで「SNSに囚われた女たち」のネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました!