このページでは宝くじ当たったのでJK買ってみた

  • あらすじ
  • 各話のネタバレ
  • 感想と見どころ

などを最終話まで詳しく
完全ネタバレしています。

登場人物

悠介

  • 32歳
  • サラリーマンだったが、宝くじが当たったので会社を辞めた。

結衣

  • 現役女子校生
  • 処女
  • 大人しくて恥ずかしがり屋な性格

 

宝くじ当たったのでJK買ってみたネタバレ

ここからは「宝くじ当たったのでJK買ってみた」を最終話まで全話ネタバレしていきます。

 

1話 ネタバレ

「よろしくお願いします・・・」

 

宝くじが当たり、お金に困ってる母娘を養子にした悠介。

2人を家に呼んでいたのでした。

 

母親を帰宅させ、1人で残されたJKは緊張気味・・・

悠介はJKを膝の上に乗せ、

「この子が俺のモノになったなんて」

「夢のようだ・・・」

髪の毛のいい匂い。
制服の上からカラダを触った感触。

我慢を抑えきれずに、
制服をめくってブラジャーを露出させるのでした。

「ま、待ってください!」

数分前に会ったばかりの男にエッチな事をされ、抵抗するJK。

「すっごい似合ってるよ」

緊張をほぐすために
悠介は優しい言葉をかけるのでした。

「そんな事ないです・・・」

宝くじが当たったお金で
自分が買われたんだ・・・

とわかってる結衣。

でも、

エッチな事をされるのに、まだ抵抗があるのです。

結衣の反応を見て良心が痛む悠介。

「何も恐れる事は無い」

「これは慈善事業なんだ!」

 

宝くじが当たったお金で買った
JKのブラを外し、

おっぱいを揉んでいく!

 

口コミレビュー男

1話の見どころは
あどけなさが残る美少女タイプの結衣ちゃん。

成長途中の小さめの胸。

ツンと上を向いてるピンク色の乳首がとってもエッチです♡

「お願いです」

「ソコは触らないで下さい」

お願いしてるのに、
手マンを拒むことなんて出来ません。

セ〇クスはありませんが、
ビクビク震えて
イカされるシーンは

1話の見どころだと思います♪

 

1話タイトル
宝くじ当たったので
JKを養子にしてみた

2話 ネタバレ

「結衣ちゃんのオマ〇コに」

「早く挿れさせてよ!」

 

目に涙を浮かべて
泣きながら、

 

「こんな事・・・」

「やっぱりダメです」

 

弱々しい声で抵抗してくる結衣。

 

でも、

宝くじが当たったお金で
貧乏な母娘を買った悠介は、

 

「じゃあ今回の話は」

「無かった事にするよ?」

 

立場が弱い結衣を追い詰めていくのです。

 

「うっ・・・」

「ぐすっ・・・」

 

結衣の頭に浮かんでくるのは
困ってる母親の顔。

 

しばらく考えたあと、

 

「わ・・・わかりました・・・」

 

本当はイヤだけど、

結衣は悠介とセ〇クスする事を

受け入れてしまうのです。

 

「んうっ・・・」

 

パンパンに膨らんでる亀頭が入り、

痛みで顔を歪めてしまう結衣。

 

歯を食いしばり、

ギュッ

手には力が入ってしまうのです。

 

「奥まで全部、入ったよ」

「処女卒業おめでとう」

 

好きでもない男に処女を捧げてしまった結衣。

 

「そんなに早く動かないでぇっ!」

 

締め付けてくる

処女マ〇コが気持ち良くて、

悠介の腰の動きは

早くなっていく!

 

口コミレビュー男

2話の見どころは、

制服は着たまま
下半身は何も身に着けていない結衣ちゃん。

脱がされかけて
太ももに残ったままの白いパンティは

何ともいえないエロさでした☆

処女を奪われて
愕然とした表情。

そして
最初は激痛を感じていたけど
少しずつ気持ち良くなっていく様子。

1話に比べると、
エロレベルは相当上がっていました!

2話タイトル
アソコをいじってるだけじゃ治まらず、
処女貰ってみた

3話 ネタバレ

「結衣ちゃんのエプロン姿」

「見てるだけでムラムラしちゃう・・・」

 

学校が終わったあと、
悠介に食事を作りに家までやって来る結衣。

 

台所で食器を洗っていた時、

ムラムラしてしまった悠介に

おっぱいを揉まれてしまうのでした。

 

「や、やめてください・・・」

 

学校帰りにエッチな事をするなんて・・・

と思い、少し抵抗する結衣。

 

でも、

そんな抵抗で止める事なんて出来ない悠介は、

結衣の気持ちを無視して

制服を脱がし、

おっぱいを揉んでいくのです。

 

「んっ・・・」

 

敏感な乳首を触られ声が出てしまった結衣。

パンツを脱がされ、

マ〇コに指を入れられてしまうのです。

 

指でナカを刺激していると、

どんどん濡れてくるオマ〇コ。

 

悠介は急いでパンツを脱ぎ、

立ちバックの体勢で

チ〇ポを挿入していく!

 

口コミレビュー男

3話は

グチュグチュ音が聞こえる濃厚な手マン。

台所で立ちバック。
終わった後はリビングで正常位。

エッチなシーンが盛り沢山だった
「宝くじ当たったのでJK買ってみた」3話でした。

結衣ちゃんがイった時に
悠介の体を握ったり、

ビクンビクン
震えてしまう姿は
リアルでエロかったです♡

 

3話タイトル
家に来て料理してもらったら
制服エプロンがエロすぎて…

4話 ネタバレ

 

「おっぱい吸われるの」

「キライじゃないかも・・・」

 

挿入されながら乳首を吸われて
いつもよりも感じてしまう結衣。

 

マン汁でヌルヌルに濡れてしまったオマ〇コは、悠介にいつも以上の快楽を与えてしまうのです。

 

「今度は自分から動いてごらん」

 

悠介に言われて

自分の意志でゆっくりと

腰を上下に動かしていく結衣。

 

「いっイクっ!」

 

自分のペースで動いたのが

よっぽど気持ち良かったのか、

すぐにイってしまうのです。

 

びゅるるるるる~

 

結衣がイったのと同時に

マ〇コの1番奥深いトコロで

射精してしまう悠介。

 

「い、いやぁっ!」

 

イってる真っ最中のJKのオマ〇コに

大量の精子を注いでいく!

 

口コミレビュー男

今までエッチに受け身だったのに、積極的になってきた結衣ちゃん。

自分から腰を動かして
マ〇コでチ〇ポを感じる姿は超エロかったです♡

ラブホでHしてから数日後。

今度は学校のトイレでセ〇クスしたり、
バイト先で隠れてセ〇クス・・・

バレないように
声が出ないように必死に口を押える仕草が

臨場感たっぷりで
リアルで興奮してしまいました
ヾ(*´∀`*)ノ

4話タイトル

ホテルに学校にバイト先に…
いろいろなところでハメてみた。

5話 ネタバレ

「悠介さん・・・」

「ちょっと待ってください・・・」

 

結衣と友達が一緒に眠ってる寝室に

忍び込んできた悠介。

 

結衣を四つん這いにさせ
パンツを脱がし、

マ〇コを舐めていくのです。

 

舐められるのが好きな結衣のオマ〇コは、

マン汁が溢れ出していました。

 

ビクッ

ビクビクッ

 

友達が横で眠ってるのに、

気持ち良くてカラダは反応してしまうのです。

 

眠ってる友達が目を覚めせば

バレてしまう大ピンチ。

 

必死に声が出てしまうのを

我慢するしかこの場をやり過ごせないのです。

 

ズブッ

 

結衣が絶体絶命の大ピンチなのに、

チ〇ポを挿入してしまった悠介。

 

 

音を出さないように

ゆっくりゆっくり

チ〇ポを出し入れしていると、

 

「私、友達の横なのに」

「イっちゃった・・・」

 

結衣はイってしまう!!

 

口コミレビュー男

眠ってる友達の横でイってしまい、

「私はエッチな女の子なんだ・・・」

自分の性癖を知り
恥ずかしくなってしまう結衣ちゃん。

友達が近くにいるせいで
いつもよりも敏感になってしまうのは

本当にエッチなんだな~

って嬉しく思ってしまいました☆

自分からチ〇ポを求めてしまう姿は必見のエロさです♡

5話タイトル

新しい家に引っ越したら
エッチなことにドハマリしちゃって…

 

宝くじ当たったのでJK買ってみた

→無料立ち読みと本編はコチラ

 

あらすじ

 

「信じられない・・・」

「奇跡だっっ!!」

たまたま買った宝くじで
100億円が当たった悠介。

「何に使おうかなー?」

お金の使い道を考えていると、

「パパのエッチ~♡」

ハゲたオッサンとJKがイチャイチャしてる場面を目撃してしまうのです。

「金はたっぷりある」

「俺もJKと・・・」

エンコーを考えたものの、
勇気が無かった悠介。

「諦めるしかない・・・」

と思ったのでした。

「そうだ!」

何かを思いついた悠介。

「お金に困ってる母娘を養子にすればいいんだ!」

合法的にJKと肉体関係を持てる方法を思いついたのでした。

ネットで探してみると、

「結衣です」

「よろしくお願いします」

意外と早くお金に困ってる母娘を発見した悠介。

「結衣です」

「よろしくお願いします」

顔を見ると、美少女の結衣ちゃん。

真面目そうな女子で、悠介のタイプだったのです。

「待ってください」

「それはちょっと・・・」

制服を脱がされると、

買われたとわかっていても
抵抗してしまう結衣。

乳首を触られ、

手マンをされて・・・

処女マ〇コに何度も何度も

チ〇ポを挿入されてしまう!

 

最後まで「宝くじ当たったのでJK買ってみた」全話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました!